こころ整備工場

こころ整備士2級

恨みについて

寝ている時に恨みでうなされた。

自分につらい思いをさせた人に対して恨んでいた。

家族や恋人や友人、そして業務上の人々に。

 

何故にここまで他人を恨むのだろう。

放っておけば良いのに。

他人を恨むことで自分を傷つけるのに。

何故恨むのか。

 

恨むことによって自分を正当化したい。

他人が異常な事をしているから恨める。

ソレが正しいなら恨めない。

 

恨みを晴らそうとするから疲れる。

恨みを解消しようとするから内蔵が悪くなる。

 

恨みは怒れなかったことから発生している

怒れなかったことを後悔している

怒りたかったけど怒れなかった

そんな自分を恨んでいる

 

恨んで恨んで呪って呪って

恨みもきっと何かの役に立っているのだろう

人間の発展に

恨みが発生することで自分以外の何かに敵対する

恨みと恨みが対立して戦いが怒る

拡大すると戦争になる

殺し合って勝ったほうが正義となる