こころ整備工場

こころ整備士2級

やる気が起きない資料作りに意識を向ける方法

f:id:kokoro_repair:20170820153843j:plain

動けないけれども、動きたい時に何をすべきかという話

 

【現象】

資料を作りたいけど作れない、計算表を作りたいけれど作れない、ブログを書きたいけど書けない、そんな時がよくある。やるべきだと考えるが体が動かない。(根本的にやりたくないことは除く、やるべきことは含む)
 

【原因】

動けない=自分の脳が身体に活動をさせない
 

【行動】

身体を動かすには意識を向けていく行動をゆっくりと進める、意識を向けていくと脳が身体に活動を指示を初めるので動ける
 
ステップ1:眺める
関連する資料や数値を眺める。身体が行動しない件に関する資料なので面白く感じないがダラダラと見る(ダラ見)。ここにたっぷりと時間を費やしていい、意識が自分で作りたいと感じだすまでダラダラする。焦って動くと結局できなくなるから。
注意する点は、関係ない方向をむき出したとき、関連のない資料を見たり、TVを見たり、本を読んだりし始めたと気がついたら、席を外して休憩してから関連する資料に戻ること。切り替えてから出ないと戻れない。
 
ステップ2:自分向けに動く
思いつきをA4用紙にテキトーに書く、取材をするなど自分だけで完結する行動をする。まとめる必要はまったくなく、自分が能動的に簡易に動けることをする。だんだんと頭の中にやりたいという気持ちが増加してくる。
 
ステップ3:他人向けに作る
やりたいという気持ちがある程度まで増えると自然に資料作りを始める。脳が身体に活動せよと指示を出したのだ。ここでやっと他人に見せることを考えた資料を作り始めることができた。
 
 
【ゴール】
期待値の50%程度のレベルで他人へ出力する。
完璧を目指さない。最終ゴールを求めるレベルの半分と設定しておくことで脳が身体に動毛と指示を出すハードルをさげる為に。
 
【事例】
 
①資料を作りたいけど作れない
ステップ1:関連する資料やデータをダラダラと眺める
ステップ2:A4の用紙に手書きで書く(まとまっていなくていい)
ステップ3:パソコンで作り始める(ラフでよい)
ゴール:50%レベルの資料ができる(素晴らしい資料ではなくてよい)
 
(例)
①ブログを書きたいけれど書けない
ステップ1:自分の是迄作ったブログを読む、関連するブログを読む
ステップ2:記事になりそうなことを思考するために写真を撮りに出かける
ステップ3:短い記事を書いて公に出す
ゴール:ある程度のレベルの記事を書く(素晴らしい記事ではない)
 
 
 
 
 
 
 
 

時間を混ぜる - サザエさん症候群の解消

私は正直なところ日曜の午後が嫌いです
日曜の午後になると憂鬱になってくるからです
だから、日曜日のお昼ごはんの時からアルコールを飲みます
昼寝もして、夜まで飲み続けます
 
こらは一般的には「サザエさん症候群」と呼ばれるものと考えています
日曜のTV番組「サザエさん」が始まる夕方になると
月曜日の仕事を考えて憂鬱になるのです
 
私の場合は原因はわかりやすく
会社の人間関係が嫌なのです
会社の人と話すのもお客様と話すのも高いストレスレベルになるからです
 
気分が非常に分かりやすく変化します
金曜日の夕方に会社を出ると足取りが軽く、寝るまで気分良く過ごします
土曜日の朝も健やかで、ウォーキングに出かけたりします
段々と気分は下がってきて、土曜の夜くらいから不安感が増してきます
日曜の朝は既にサザエさん症候群が少し始まります
 
そして、前の週に人間関係の辛いことがあり
その人間関係のストレスが来週も続くと予想されると
日曜の朝から気分が下がり、
多くの場合は日曜の朝からアルコールを飲みます
 
 
 
そこで、考えて見ました
何かできないかなと
そして考えついたのが「時間を混ぜる」実験をすることです
 
簡単に言うと、サラリーマンの仕事と他の個人のタスクを混ぜるということです
 
 
「課題」
土日に完全にサラリーマンタスクをシャットオフするので平日と週末にギャップが発生する。
個人タスクが貯まる、夕方や夜やろうという発想になる、で進まない。
 
(目的)
①後回しを減らす
やらないタスクを、制限されている時間をサラリーマンと個人と分けて、わけられた時間にやるから今はやらないとなることで、タスクの要不要の判断が遅れている
 
全体で、全ては出力のためであることを認識する
その中で、サラリーマンの必要性を減らす
サラリーマンの要素を減らす
首は怖くない、というかクビにしてほしいくらい
もうすぐやめるからこそ、サラリーマンと個人仕事のミックスのテスト
 
ノマドを進める
いろいろなタスクを混ぜて進める
時間を決めつけない
 
③収入を複数から得る
どれかが切れても生きていける状態
其れが、自由、かつ自分にとっての人を環境を変えながら生きるにつながる
 
 
 
(ルール)
土日も夜もリーマン業務
。土日も9時にメールチェック
。12時から返信
。そのあとも2時間ごとにメールチェック、20時まで
。できる作業は、その場ですませる、待たない、
。ファイリングもグーグルドライブでできるようにする
 
 
平日も昼間も個人業務
。土日や、夜に何かするとの発想は中止
。できるだけ早いタイミングで済ませるには?と考える
。メールチェックはリーマンと同じタイミング
FBとチャット系も同じく
こちらは逆に見過ぎないように
最低でも1時間はあけること
 
動き
。身体がムズムズ、目が見えないなら、まず動く、歩く
 
出張、朝のアポ
例えば9時からの打ち合わせや会議があるときは?
何時にメールを見るか?一時間前には必要
もし、同行者や会議参加者と一緒にいるなら、、そのタイミングから見ざるをえない
*しかし、、最大のポイントは、午前に打ち合わせや人に会うことを入れない、
 
 
 
(行動実験アイデア①)20160531
実験として考えたのは、
 
サラリーマンを利用するには土曜と日曜を勤務日にすること、敢えて
土曜日は、多くのディーラも働いているから連絡も向こうがやっているならする、12時からのコミュニケーション
日曜は、イベントの時間(競歩、アカヒル等)以外はアリソン(サラリーマン業務)もする
 
同時に、昼間でもヤフオクの出品や、自分のタスクを片付けていく
写真は家でとっておいてネットにおいておく、iphoneをつなぐ等できる
FB等の会社ネットで繋げないものは poketWifi iphoneテザリング
 
時間(タイムテーブル)はいつもと同じ、8時から検索&本、9時から受付、12時から20時までコミュニケーション、21時まで検索&受付、22時に就寝
 
家も売れる方向になり、サラリーマンの実験もできなくなる予定
今のうちにしないと、サラリーマンをしながら、どのように自分の行動を特別視せずに
サラリーマンをしながら、同時に自分の考えるタスクも平行して行うか
選択と集中は、集中する時間を一日に決めることでたっせいしたい
 
これは、言い方を変えると、サラリーマンタスクと、個人事業タスクを混ぜるということ
 
会社の仕事も、どこでもする
個人事業の仕事も、どこでもする
 
今は、個人事業の仕事をすこし会社の時間にしているが、もっと増やす、言い換えれば、「家に帰ってからやろう、土日にやろう」を禁止する
会社の仕事も同じく「会社の時間だけやろう」を禁止する
 
 
(例)マンションにUVカーテンを取り付けなきゃと思いついた
今度の土曜の予定に入れようとした
だが、コレが無駄だし、土曜にできないと自分を責めるにもつながる
単純に、最速を考えたら、家のカーテンを、夜外して持っていけば明日からはカーテン付きで壁紙を守れる
もし、夜が無理でも最悪でも明日の朝には可能
 
 

扉を閉める

家の扉、トイレの扉、風呂の扉、クローゼットの扉、空いてませんか?

棚の扉、引き出し、洗面台のガラス戸、開いてませんか?

 

心を落ち着けるには扉は必ず閉じる

風を通したい時は時間を決めて、1時間以内で

外出時に開け放しは禁止

 

心の扉も空いたままでは不安が入ってきて落ち着かなくなるから

 

f:id:kokoro_repair:20150923113238p:plain

過食になる脳の修理

朝の通勤路で蕎麦をたべた、小さなライス付きの朝食セット
ライスとスープは少し残そうと一旦止めたが、店員さんに悪いからと思考が動き全部食べた
 
会社に向かうが働きたく無い、行きたく無い
 
甘いパンが食べたくて止まらない、たった今、蕎麦とご飯を完食したばかりなのにカフェに入る、いつものチョコパンだけと考えていたが、ハムのパンもトレイに載せている、コーヒーもラージを注文する
8:30なので会社では食べられないからと店内に座る
 
何故、過食になるのか?
栄養ではない、思考が、脳が求めるのだ
なぜだろう?
 
ストレス=不安=怒り
 
戦うには食べてはいけない、身体が止まるから、
食べるとは身体の動きを止めること、食べて直ぐには走れない
動きを止める為か、何かをしなくてよいように
確かに、食べると止まる、走りながらは食べない、マラソンの人は食べるが
本当に食べたいだけならパンを買って歩きながら食べればいい、会社に行ってからでも良い
 
何か嫌なことに向かいたくないからか
 
昼に暴食する時は、午後に嫌な事がある事が多い
夜の暴食は寝たくなかったり、明日が来て欲しく無い時に多い
 
【行動していくには】
 
食べる事が悪いのでは無いが過剰が悪い
我慢できない自分を責める
暴食を言い訳に使う
 
無意味に太りたく無い
 
歩かずにタクシーで会社に行くことにする
歩くとノロノロだし、途中で止まってしまうから